次の「注文予定日の変更」機能 【仕様】

機能説明

  • ストアの管理画面から各定期契約の「次の注文予定日」を変更できる機能です。
    • ※変更後の決済日は次回以降の決済にも引き継がれます
ストア管理画面

利用方法

  • 「定期購買一覧」から各定期契約の画面に遷移します。
  • 遷移した画面上で、「次の注文予定日」の横に表示されている「変更」ボタンを押下し、ご希望の注文予定日と、注文時間を選択してください。その後、「更新」ボタンを押下すると「次の注文予定日」に表示されている日付が更新されます。

「次の注文予定日」を変更した場合の通知

  • 「次の注文予定日」が変更されると、ストア宛、顧客宛へそれぞれ「受付完了」メールが自動送信されます。
 
ストア宛の通知
顧客宛の通知
※顧客宛に通知を送付したく無い場合は、定期購買アプリ>「一般設定」>「メール設定」>「メールテンプレート」にて「次の注文日の変更」をOFFにしてください。

注文予定日変更後の お届け予定日について

  • 「次の注文予定日」を変更した場合「次のお届け予定日」も自動的に更新されます。
    • 自動更新後の「次のお届け予定日」には、「次の注文予定日」から「注文されてから届くまでの最短日数」分、先に進めた日付が反映されています2023年2月20日より、以下となります。(詳細はこちらをご確認ください) お届けできない曜日設定にて「配送業者都合」を選択する場合:自動更新後の「次のお届け予定日」には、「次の注文予定日」から「注文されてから届くまでの最短日数」分、先に進めた日付が反映されています。(従来通り)
      お届けできない曜日設定にて「倉庫都合」を選択する場合:自動更新後の「次のお届け予定日」には、「お届けできない曜日として設定された曜日」「配送不可日」を除いた「注文されてから届くまでの最短日数(注文日を除く)」分先に進めた日付が反映されます。(「注文されてから届くまでの最短日数(注文日を除く)」を配送までに必要な営業日数として計算します)
      ※「次のお届け予定日」は定期購買アプリ>一般設定上の「お届け日の表示」がONの場合のみ表示されます。
      💡
      具体例
       
      下記の状況の場合、
      • 次の注文予定日:1月1日へと変更する。
      • 注文されてから届くまでの最短日数:3日で設定している。
       
      1月1日(次の注文予定日)から、
      3日分(注文されてから届くまでの最短日数)先に進めた日程である、
      1月4日が「次のお届け予定日」となります。