今すぐ注文・再決済【仕様】

機能説明

  • 「今すぐ注文」「再決済」は、ストアの管理画面から手動で定期商品の注文を作成できる機能です。
    • ※本機能を利用して注文作成した場合、定期契約の周期や、次回の注文作成日には一切影響はありません。
      ※機能名や機能の表示画面は異なりますが、顧客マイページ上の「定期購買商品の追加注文」と全く同じ機能です。
 
今すぐ注文
 
再決済
 

利用方法

  • 各機能の利用方法は下記の動画をご参照ください。
 
今すぐ注文
  • 定期購買アプリ管理画面「定期購買一覧」より再開したい契約を開き、画面上部にある「今すぐ注文」を押下することで決済が施行されて、shopifyの注文管理上に注文が作成されます。
 
再決済 
  • 定期購買アプリ管理画面「定期購買一覧」より再開したい契約を開き、画面最下部の「支払い履歴」に表示される「再決済」を押下することで決済が施行されて、shopifyの注文管理上に注文が作成されます。
 

今すぐ注文・再決済後の通知

  • 注文作成後は、オンラインストアから商品を購入した場合と同様に、下記の通知メールがshopifyから送付されます。該当の通知メールの詳細はshopifyへご確認ください。

今すぐ注文・再決済で作成した注文のお届け日

  • 今すぐ注文または、再決済した注文のお届け日は、「今すぐ注文時はお届け日の日付をストアの最短日数で付与する」の設定内容によって算出方法が異なります。
 
  • 具体的なお届け日の算出方法は以下の通りです。
 
「今すぐ注文時はお届け日の日付をストアの最短日数で付与する」がOFFの場合
  • 定期契約に適用されている「次のお届け予定日」が今すぐ注文、または再決済した注文のお届け日として、タグや、NoteAttributesに付与されます。
 
「今すぐ注文時はお届け日の日付をストアの最短日数で付与する」がONの場合
  • 「追加注文した日付」+「注文されてから届くまでの最短日数」した日付が、今すぐ注文、または再決済した注文のお届け日として、タグや、NoteAttributesに付与されます。
    2023年2月20日より、以下となります。(詳細はこちらをご確認ください) お届けできない曜日設定にて「配送業者都合」を選択する場合:「追加注文した日付」+「注文されてから届くまでの最短日数」した日付が、今すぐ注文、または再決済した注文のお届け日として、タグや、NoteAttributesに付与されます。(従来通り) お届けできない曜日設定にて「倉庫都合」を選択する場合:「追加注文した日付」+「お届けできない曜日として設定された曜日」と「配送不可日」を除いた「注文されてから届くまでの最短日数(注文日を除く)」した日付が、今すぐ注文、または再決済した注文のお届け日として、タグや、NoteAttributesに付与されます。 (「注文されてから届くまでの最短日数(注文日を除く)」を配送までに必要な営業日数として計算します)
    • 💡
      具体例
      例えば、下記の状況で今すぐ注文する場合、
      • 今すぐ注文した日付:2022-09-01
      • 注文されてから届くまでの最短日数(注文日を除く):3日後
       
      「今すぐ注文した日付:2022-09-01」から、
      「注文されてから届くまでの最短日数:3日」分進めた日付である、
      「2022-09-04」がお届け日のタグとNoteAttributesに付与されます。
 

注意点

  • 「再決済」ボタンは2回目以降の注文に表示されます。(※初回注文には表示されません。)
  • 一時停止中の契約では「再決済」「今すぐ注文」のボタンが表示されません。現在ステータスが一時停止となっている契約で、再決済や、今すぐ注文を行いたい場合は、定期契約を再開し、ステータスを「アクティブ」な状態にして頂く必要があります。