有料メルマガへの利用検討中の方へ

有料メルマガの販売に定期購買アプリを利用検討されている方については、こちらをご確認下さい。

有料メールマガジン(有料メルマガ)に定期購買アプリを利用できますか?

可能です。定期購買アプリにて、定期的な購読料の請求とメルマガ配信先リストの作成が行えます。メール配信自体は他のメールアプリをご利用ください。
以下に詳細を記載いたします。
 

購読料の決済について

例えば「有料会員」といったような名称で商品登録頂き、毎月980円など毎回同じ金額で自動的に決済を行うことが可能です。決済間隔は「日」「週」「月」「年」単位で設定することが出来、年払いで購読料を請求することも可能です。
notion image

購読料の割引について

定期購買アプリでは初回割引機能がございますので、プラン設定時に初回決済時のみ割引を行うことができます。アプリ内の「プラン作成」より初回割引額を設定頂くだけで実現可能となります。
notion image
但し、初回購入時のみ無料で提供される場合は定期購買アプリとしては可能ですが、各クレジットカードなどの決済側で最低決済金額などの設定があった場合は、0円決済出来ない場合がございますので、念のためテスト購入頂くもしくは各決済サポートにお問い合わせを行ってご確認をお願い致します。
また、有料メルマガを購入頂いているお客様に対して、加入期間が長い方に対して割引を行うといったCRM施策を実施されたい場合は、会員ランク機能を利用頂きアプリ経由での累計決済金額が〇〇円を超えた場合、設定頂いた割引率に応じて割引を行うことができます。
notion image
 
また、購入回数が10回目や20回目といったように特定の購入回数に到達した場合に割引を行うことも可能です。機能詳細や設定方法は、以下をご参照下さい。
 

決済日の統一について

決済日についてはお客様の初回決済日を起点に、2回目以降の決済は決済間隔(月1回決済など)で決済が行われる仕様となっております。
全ての購読者に対して25日に決済を実行されたい場合は、決済日を統一する機能をご利用頂くとよろしいかと思います。本機能をご利用頂く場合、初回決済日はお客様ごとで異なりますが、2回目以降の決済日を固定することが可能です。
notion image
決済日固定機能の設定方法などの詳細については、以下記事をご参照下さい。
 

注文作成について

商品名を例えば有料メルマガとして登録頂いた場合、各決済ごとに以下スクリーンショットのように「有料メルマガ」として注文管理内に自動的に注文情報が作成されます。
notion image
 

メルマガの配信について

定期購買アプリでは解約や一時停止といったように購入ステータスの変更などに応じて自動的にメール通知を行う機能はございますが、特定のユーザーに対してカスタマイズしたメールを送付するような機能はございません。
定期購買アプリ側から送付可能なメール通知については、以下をご参照下さい。
 
そのためメルマガを配信頂く場合はメールアプリやサービスをご利用頂く必要がございますが、配信先リストの作成についてはアプリ内の「定期購買一覧」より契約情報を「エクスポート」機能を利用頂ければ、例えば契約中且つ有料メルマガを〇月決済したユーザーのメールアドレスを抽出することが可能ですので、メルマガの配信先リストとして活用可能です。
notion image
 
また、購入回数に応じて配信するメルマガの内容が決まっている場合は、購入回数に応じて顧客情報に任意のタグを自動的に付与することが可能です。
 
■「タグを追加」をクリック
notion image
 
■〇回目の購入時に指定した名称のタグを自動的に付与可能
notion image
 
そのため購入回数に応じて自動的に顧客情報に付与されたタグを活用して、メルマガの配信を自動化することも可能です。
顧客情報に付与されたタグを活用した自動メールの配信する方法については、Klaviyoを例に記載した記事がございますので、以下をご参照下さい。
💡
関連記事:Klaviyo
 

規定の購入回数に達した場合の自動的に解約

有料メルマガのサービス内容によっては1年間で自動的に販売終了といったように、規定の購入回数に達した場合は自動的に解約処理をする場合もあるかと思います。
その場合はアプリ内でプランを作成する際に、以下スクショのように「最高購入回数」設定する項目がございます。
notion image
例えば1カ月に1回購入で合計5回購入したら自動定期に解約する場合は、最高購入回数を5と設定頂ければ自動的に解約を行うことが可能です。
 

ポイントの付与

ポイントの付与を行う機能は定期購買アプリでは提供しておりませんが、例えば以下日本製の「どこポイ」などのポイントアプリと組み合わせて実現することは可能です。
💡
関連記事:どこポイ